若葉荘のご紹介
若葉荘について
若葉荘について

若葉荘には、げんき・ゆうじょう・きぼう・えがお・みらい・ゆめ・ゆうきの7つのユニットがあります。 このユニット名は子ども達の意見を出来る限り取り入れたいと思い、募集して決めたものです。


明るい未来に向けて新たなスタートを切った若葉荘に最もふさわしいものになったのではないでしょうか。 それでは、さっそく若葉荘の紹介をしていきましょう。

若葉荘の紹介
げんき・ゆうじょう

こちらは男子ユニットです。小学1年生から高校3年生までの男の子が生活の場を共有し、楽しい日々の生活を送っています。
掃除場所や食器洗い等、役割を当番で回して、皆で協力し合う事が出来ているようです。

リビング
居室
きぼう・えがお・みらい

こちらのユニットには現在小学2年生から高校2年生の女子が生活しています。
それぞれ自分の居室が持てた事が嬉しいようで、とても喜んでいます。
リビングもとても可愛い雰囲気になっています。

リビング
キッチン
ゆめ

ここでは2歳児から幼稚園年長までの幼児が生活しています。
広々としたプレイルームやお庭の遊具で、毎日元気いっぱいに遊んでいます。
可愛らしいトイレを使って楽しく排泄の練習を行なっています。

トイレ
遊具
その他
地域交流室

この地域交流室はクリスマス会や新年を祝う会、公文式学習といった行事や集まりの際に全体が集う場所として使用されています。また、地域の方にも利用していただけます。

きぼうのうみ

これは若葉荘の建て替えの為に、チャリティー絵画展にご協力して下さったトロッジェ&シルヴィアンヌ画伯と若葉荘の子ども達が合作で描いた絵です。

本施設は、(財)JKA「オートレースの補助金」によって建築しました。
競輪・オートレース補助事業ホームページ「RING!RING!プロジェクト」
地域小規模児童養護施設
外観
居室

25年4月に開園しました。ユニット名は、「ゆうき」です。
地域の一軒家にて男の子6人で生活をしています。
地域の方から野菜をいただいたり、お祭りや清掃活動に積極的に参加しています。家庭的な雰囲気を大切に生活しています。